プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ジョージソロス氏が今後、英国においてEU残留キャンペーンが勢いを増す、といった話をしているようです。うがった見方をすれば、ポンドでも買っているのかな?といったところです。まぁ、残留賛成派は反対派に比べてそういった活動をあまりしてこなかったという話も耳にしましたので、その意味で残留キャンペーンが行われてもおかしくはないところです。

英国の国民投票に関する世論調査のデータは以前に動画で出して解説しましたが(ちょっとくどい解説であるのは否めませんが、データとしては有用化と思います:https://youtu.be/B-hHmbiJ75w)、ここまでもつれるとは思っていませんでした。米国の大統領選挙然り、各国で分裂が起こっている状況です。それは世代間であり、また持つもの持たざる者といったところでの分裂です。そういった観点から考えると、これからの世界は非常に不安定なものとなるのではないかと思います。そして、これまでの価値観が通用しない世界ということになるのかもしれません。これまでであれば、トランプ氏は泡沫候補にしかなりえなかったでしょう。英国のEU離脱など、議論にもならなかったかもしれません。それがここまで現実的なものとなって迫ってきているわけですからね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |