プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

英国のEU離脱問題は気になるところですが、現状では離脱反対派が優勢といった世論調査となっているようです。一説によると、離脱に関して賛成派の方が反対派に比べて投票に行きやすいといった話もあり、この世論調査をそのまま信じるわけにもいかないといった話も出ています。しかし、英国の離脱がもたらす経済的な悪影響について、かなり具体的な話がどんどん出てきている状況であり、こうした中で英国民が離脱賛成という流れになるとは到底思えないのも事実です。個人的にはもともと英国の離脱はないと考えており、特に驚くべきとこともないところではあります。あとはポンドがどの程度買い戻されていくのか、それとももう買戻しは終了したのかといったところの見極めでしょうか。

ただ、国民投票で離脱賛成派がどの程度の支持を集めるのか、といったところは注目しておいたほうが良いのかもしれないとは思っています。これが全く話にならないレベルであれば特に問題はないのですが、仮に4対6ですとか、かなり健闘といいますか、EUに対する不満が一定以上のレベルであるということが示された場合は懸念が高まります。それでも離脱しないということになれば安心感は広がるでしょうけど、今後の展開をにらんで神経質な動きとなる可能性はあるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |