プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ある雑誌にトランポノミクスという言葉が紹介されていました。もちろんトランポリンとは全く関係のないこの言葉、米大塗料戦で共和党の候補となることが確実視されているドナルド・トランプ氏の経済政策のことです。

この中で、最悪の場合は米国はデフォルトしてしまえばよい、という発言があったようですね。これに関してはトランプ氏のこれまでの事業での経験があるといわれています。つまり、借金をしても債務免除で復活してきたという経験が同じような発想を抱かせているということです。その後にデフォルトをする必要はない、紙幣を増刷すればす済む、と発言を修正したようですが、いずれにせよドルの価値を下げる政策であることは事実かと思います。となると、トランプ氏が大統領になった場合はドル安、そして反射的に円高ということになるでしょうか。さらに、市場はリスク回避的な動きを見せる可能性が高く、その面からも円高が進みやすいということになるでしょうか。

トランプ氏が大統領になる可能性は現状では低いといわれていますが、個人的にはそのリスクにしっかりと向き合う必要があると思っています。特に対立候補がヒラリー氏となると、トランプ氏にも付け入るスキが出てくるのではないかと思っています。いかにもエリートのヒラリー氏に対してのトランプ氏であり、対立軸がはっきりとして票が割れる流れには警戒しておいて損はないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |