プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

相場はギャンブルなのかどうか、という観点で文章を前回を書きましたが、それに関して少し追記します。

色々とネットで(大丈夫かな?)調べてみると、ギャンブルの定義そのものが結構曖昧なところがある感じですね。その中には結構凄いものもあり、リスク>リターンであればギャンブル、リスク<リターンであれば投資、リスク=リターンであればショッピングと分類していました。さすがにこの分類には驚きを隠せませんでしたが、この考え方がおかしいという気もありません。

胴元が存在するのがギャンブルという定義がありました。これに関しては私はよくはわからないのですが、そういうものであるならば、FX会社などは胴元ということになるのでしょうか?株においては証券会社?手数料という名目で一応は取っているわけですからね。額の多寡で区別するものではないと思っています。手数料=てら銭(控除率)は乱暴という意見もあるかと思いますが、実質的な違いを見出すのが難しいのではないかと思っています。

これはニコニコ大百科というページに乗っていたのですが、ギャンブルと投資は違うと力説し、その違いを表に載せていました。まぁ、わかりやすいといえばわかりやすいのですが、ギャンブルに対する偏見も見受けられるかな、といったイメージです。投資・投機を美化している?という感じもありますね。

例えば、リスクコントロール。ギャンブルは出来ないまたは困難となっています。それはなぜか?例えば、カジノなどはギャンブルに分類されると思いますが、リスクが高くなったらやめてしまえばいいわけです。そもそも破産するほどのお金をもっていかなければ問題ないでしょう。逆に熱くなってしまい、株式投資で老後資金をすべて溶かしてしまった、ということもあるでしょう。ここにどのような違いがあるのでしょうか?

また、目的に関しても、投資は企業や経済の成長とありますが、実際株式投資をしている人でそういったことのみを考えている人がどれほどいるでしょうか?口では何とでも言えますが、仮に経済の成長を促すことができるが必ず損するといった案件が仮にあったら・・・?また、ギャンブルは享楽・射幸心を満たすと書いてありますが、自分の資産を増やすことは目的ではないのでしょうか?また、FX相場においてうまく自分の予想が当たった時は射幸心を満たされないのでしょうか?

個人的には投資もギャンブルも表面上は何とでも言い繕うことができますが、根本的なところでは同じ側面を持っていると改めて思いました。そのうえで、FXなどはFX会社という存在はあるものの、そのほかのギャンブルに比べればはるかに良心的であり、その意味で限りなくゼロサムに近い世界だと思っています。だからといって、ギャンブルではない!と断言されるとそれもまた違うんじゃないのかな?と思ってしまいます。

あと、ギャンブルは儲からないが、投資・投機は稼げるからギャンブルではない、という意見は個人的には意味不明です。その理論だとギャンブルで稼いでいる人にとってはそれはギャンブルでなく、投資で損している人はそれは投資ではないということになるのでしょうか?そもそもギャンブルの定義に勝率という概念はないのではないでしょうか。勝率が高ければ投資になり、低ければギャンブルというのであれば、どのレベルを線引きとすればよいのでしょうか?

唯一、会社の成長に資金を投じているのだという投資の考え方は確かにプラスサムになるように見えます。とはいえ、会社が成長するかどうかは結局運任せのところがあることも事実です。

とはいえ、ギャンブルとは何かという定義が人それぞれ微妙に違うという前提に立つならば、投資はギャンブルではない!と声高に叫ぶのも一概におかしいとも言い切れないかと思います。そして、それは逆に投資はギャンブルである!といってもおかしくないということと同義かと思います。私個人としてはやはり投資もギャンブルの一種であり、だからといってギャンブル特有の偏見をぶつけてくるのもまたどうかなと思っている次第です。ただ、ギャンブルである以上、依存症になる可能性もあります。逆に言えば、そういったリスクをきちんと提示したほうが良いのではないとも思います。

こういったのは長くなってしまってだめですね・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |