プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

今日はちょっと趣を変えて書いてみたいと思います。『相場はギャンブルか否か』といった話です。ネットをいろいろとみていた時にこの手の話がありまして、これはブログネタとして面白いかな、と(笑)

私は相場はギャンブルの要素を含んでいると考えています。はっきり言ってしまえばギャンブルといって差し支えないでしょう。アナリストであったり、相場に関していろいろと教育している人は『相場はギャンブルではない』という人が多いように思いますが、私は違います。こんなことを言うとぎゃんぎゃん批判がきそうで面倒なのですが・・・

そもそもギャンブルとは何かという定義をしなければなりませんね。このあたりの定義はWikiあたりでやっておくのが客観的ですかね。それによると、『金銭や品物などの財物を賭けて、(偶然性の要素が含まれる)勝負を行い、その勝負の結果によって、負けた方は賭けた財物を失い、勝った方は(なんらかの取り決めに基づいて)財物を得る、と言う仕組みの遊戯(ゲーム)の総称』となっています。定義としては特に問題ないかと思います。

相場においては金銭を賭けて、相場が上がるか下がるかといった勝負を行い、外したら金銭を失い、当てたら金銭を得るという仕組みの取引です。・・・特にギャンブルの定義から外れているところはないように思います。強いて言うのであれば、遊戯というところに引っかかる点はありますが・・・

ギャンブルという言葉が非常に負のイメージを持っているため、そのイメージの払拭といいますか、相場はそういったものではないということを言わんとするために相場はギャンブルではないということを言いたいのかもしれませんが、本質的にはギャンブル的な要素を持ったものかと思いますし、それを無理に隠そうとする必要を私は感じていません。FXなどは特に買い方と売り方の殴り合いであり、それに勝てば儲かるし、負ければ損をするという世界です。ゼロサムゲームを行っているのであり、非常にギャンブルチックであるといえるでしょう。

もちろん、相場は実体経済の裏付けがあり、相場をやることがギャンブルではなく実需の必要に迫られて行っている人もいます。先物取引などはもともと保険的な要素のある取引です。(まぁ、保険もギャンブル的な要素があると思っていますが)株式は投資した企業の価値の上昇に賭けているわけで、そういった資金があって経済が回っているわけです。為替にしても為替予約などは企業にとって必要なものです。

では、一般の投資家にとって相場とは?というとやはりギャンブルであるといわざるを得ないでしょう。そして、それを行うことが悪いというわけではありません。リスクを取ってリターンを取りに行く、そしてそれが経済を回しているのです。それそれが悪いこととは全く思えません。

なぜ、今回こんなことを話したのかと申しますと、相場はギャンブルではないということの弊害を感じているからです。ギャンブルではないからやりましょう!という流れになるのはいかがなものかと考えています。ギャンブルは怖いけど、投資ならというのは、なんか違和感を覚えるところです。物事の本質を隠した状態で話を進めているような感じをどうしても受けてしまいます。投資は100%ギャンブルかといわれれば、そこまでは言い切れないかもしれないけど、あなたがやろうとしているのはやはりギャンブルなんですよ、というのが筋ではないかと思っています。そのうえで、ギャンブルといえば必ず負けるようなイメージがあるかもしれないが、そうではないんですよ、それを一緒に勉強していきましょう!というのが正しい在り方ではないのだろうか、というのが私の考え方です。実際、勝率をあげることは可能ですし、これで生活している人も少なからずいるんですからね。

なんか、長くなってしまったので、今日はここまでにしますが、またいずれこの手の話も書いていきたいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |