プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ドル円が上昇し、日足の注目ポイントであるバンドの中心線を意識しての動きとなっています。ここをブレイクすることができるかどうかが今後の展開を左右するでしょう。個人的には抜けにくいところではないかとみていますが、逆に抜けた場合はバンドの上限が意識されやすくなるので、その点は注意が必要といったところかと思います。

現状で円高に対する市場の思惑は強そうです。やはり日本の介入に対する警戒感は拭えないものの、そもそも介入ができるのかどうかといったところなのでしょう。個人的には伊勢志摩サミットまではこれらの思惑が拮抗する形で動きにくいところではないかとみています。問題は伊勢志摩サミットの前に当局が動いてしまうことでしょう。ただ、これに関しては市場の動きが必要かと思われますので、それもないのではないかというのが個人的な見方です。急激な為替の変動がなければ、当局も動かないのではないかと思っています。

動画ですが、今日はポンド円の日足分析を行っています。これからはなるべく毎日日足なりの分析をやっていければと思っていますので、よろしければどうぞ。さらによろしければ、チャンネル登録をしていただけると、励みになります。

ポンド円日足分析:https://youtu.be/5gR9BpSyYNY
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |