プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが米株が大幅下落しての引けとなりました。日銀の金融政策決定会合を背景にリスク回避的な動きが強まり、上値を抑えられました。米株は一時持ち直す場面もあったのですが、著名投資家のアイカーン氏がアップル株をすべて売却といった報道が流れ、それを嫌気しての売り圧力が強まりました。その他の市場は原油価格や金価格が上昇しての引けとなっています。また、米港の金融政策に対する思惑から、米国債利回りが低下し、ドルの上値を抑えました。また、円も日銀の動きに加え、米株の下落を背景に売り圧力が強まる展開となりました。ただ、今日は東京市場が休場となることもあり、目先は様子見ムードが強まる可能性が高そうです。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの上限を目指す動きから、一気に下落して下限を目指す動きとなっています。バンド幅は縮小傾向であり、大きな動きにはなりにくいところですが、下限までは下落する可能性が高そうです。下限をブレイクしてといった動きにはならないのではないかと見ていますが、上値は重そうです。RCIで見ると、短期線は下落基調。ただ、下落の勢いが強く、底打ちも早い可能性がありそうです。一方、中期線は底打ちからのじり高基調となっています。上昇の勢いが落ちたことが懸念として残りますが、中長期的にはまだ底堅い動きが意識されやすいでしょう。ユーロドルはバンドの下限からの戻り基調が継続しています。バンドの中心線をブレイクしており、上限を試す可能性が出てきています。とはいえ、バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、レンジ圏での動きが見えてきています。RCIで見ると、短期線は上昇基調であり、まだ上値余地を残しています。短期的には買われやすい地合いです。一方、中期線は下落基調で、中長期的には戻り売り圧力が強まることになりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |