プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウは堅調地合いとなって引けています。FOMCが開催され、やや乱高下する場面もありましたが、結果的にはいってこいの動きとなっています。年内の利上げに対する見方がややハト派寄りに傾いていることもあり、リスク志向の動きが強まりました。この動きを受けて、為替相場では円安が、米国債利回りは低下傾向となりました。また、米国債利回りの低下を受けて、ドル安となっています。また、原油在庫が市場予想を上回ったことを受けて、原油価格が1ドル超の上昇となっています。これもリスク志向の動きに拍車をかける展開ということができそうです。こうした動きを背景に、今日の東京市場はしっかりとした動きが展開されるのではないでしょうか。とはいえ、今日は日銀の金融政策決定会合が開催されます。これ次第ではどちらに動いてもおかしくなく、予断を許さない局面ということに変わりはなさそうです。

テクニカル的に見るとドル円の日足はバンドの上限を目指しての動きです。目先はやや上値の重さが意識されていますが、底堅い動きではあります。とはいえ、RCIで見ると、短期線が天井打ち気配となっています。短期的には上値を抑えられやすい地合いということができそうです。一方、中期線は底打ちから上昇となっており、下値圏から外れてきています。中長期的には底堅い動きが意識されやすく、一時的に抑えられても押し目買い優勢となりそうです。ユーロドルはバンドの下限から中心線まで押し戻しています。バンドの上下限中心線は横ばいであり、方向感は見えにくいでしょう。レンジ圏での動きが意識されやすい局面で、バンドの中心線で抑えられるのか、上限まで上昇できるのかがポイントとなりそうです。RCIで見ると、短期線は上昇基調となっています。まだ上値余地を残しており、短期的には買い優勢です。一方、中期線は高値圏での横ばいです。依然として買い圧力が意識されやすい状況が継続しているということができそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |