プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウは小幅に上昇しています。朝方はケースシラー住宅価格指数などが市場予想に届かなかったことを背景に売り圧力が強まりました。しかし、日銀の金融政策決定会合やFOMCを控えていることもあり、様子見ムードからポジション調整の買戻しの動きが強まりました。しばらくは動きにくい状況が続きそうです。その他の市場は原油価格が上昇しています。ドル安などを背景に買い優勢の流れとなっています。これが株価を支えた要因として意識されています。為替相場は小動き。ややドル売りと円売りが意識される状況となっています。こうした動きを背景に、今日の東京市場は小動きとなりそうです。全体的に様子見ムードが強まる中での動きが継続しそうです。ポジション調整をこなしながらではありますが、底堅い動きが意識されやすいのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの上限を目指しての動きからやや抑えられています。横ばいの動きとなっており、上値の重さが意識されています。バンド幅は縮小傾向であり、動きにくい状況となっています。市場にはエネルギーが蓄積されてきています。バンドの上下限での動きには注意が必要でしょう。RCIで見ると、短期線は高値圏での推移となっています。これが天井打ちとなるかどうかがポイントとなりそうです。一方、中期線は下値圏での動きです。ただ、底打ち気配が見えており、中長期的には徐々に底堅い動きとなっていくのではないでしょうか。一時的には調整の動きが入ってもおかしくないところですが、積極的に売り込む動きにはならないでしょう。ユーロドルはバンドの下限からの戻り基調です。中心線を意識しての動きであり、ここからの方向感が重要となってきそうです。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、レンジ圏での動きが意識されそうです。バンド幅は比較的狭いので、動き出したら大きくなる可能性はありそうです。RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。ただ、目先は上昇の勢いが弱まっています。一方、中期線は下落基調となっています。中長期的には上値の重さが意識されやすく、先行きは戻り売り優勢となりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |