プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウが小幅に下落しての引けとなっています。米国の新築住宅販売件数が市場予想を下回ったことが嫌気されての動きであり、警戒感が強まる状況となっています。ただ、積極的に売り込む動きにはなっておらず、引けにかけては下げ幅を縮小する展開となっています。状況としては様子見ムードといったところでしょうか。日銀の金融政策決定会合を控えていることもあり、方向感を出しにくい状況ということができるかもしれません。その他の市場は原油価格が下落、金が上昇といった動きになっています。強く意識されたわけではありませんが、リスク回避的な動きということができるでしょう。為替相場は円がやや上値を抑えられる動きとなっています。一方、ユーロの上昇を背景に、ドルに対する売りも散見されています。ただ、全体的には小動きということができるでしょう。こうした動きを受けて、今日の東京市場は上値の重い展開が意識されることになりそうです。上述の通り、日銀の金融政策決定会合が控えており、様子見ムードが強まりやすいところではありますが、噂などでも動きやすいところであり、警戒が必要でしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの中心線をブレイクしての動きとなっています。上限を目指す動きではありますが、バンド幅が縮小傾向であり、方向感の見えにくい展開となっていきそうです。市場にはエネルギーが蓄積されてきていますが、まだ発散といった段階ではないのではないかとみています。RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいとなっています。中期線は下値圏での動きから底打ち気配が見えています。ただ、まだ下値圏での動きを継続しており、中長期的には上値の重さが意識されるでしょう。短期線の動きから短期的にはまだ買われやすいところですが、徐々に抑えられやすくなるのではないでしょうか。一方、ユーロドルはバンドの下限を意識しての動きとなっています。バンド幅が緩やかに拡大しており、警戒感が強まります。上限の上昇は現状では緩やかとなっており、バンドウォークとなるかどうかはまだ不透明です。一時的には調整の動きが意識されてもおかしくないでしょう。RCIで見ると、短期線は下値圏での横ばいです。これが底打ちとならないと調整の動きも入らないでしょう。一方、中期線は下落基調です。中長期的には上値の重さが意識されそうで、一時的に買い戻されても戻り売り優勢の局面ということができそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |