プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

今日の原油は上値を抑えられていますが、ここ最近の原油価格は戻り基調であり、40ドルを突破しての動きとなっています。原因は言わずもがなかと思います。産油国が再び増産凍結に関する協議を行うという報道を受けてのことです。確かに現状で増産を凍結ということになれば、価格の押し上げに繋がるでしょう。ここまでかなりの生産がなされていますし、在庫水準から考えても供給過多であろうことがうかがえます。

問題は増産凍結協議がまとまるかどうか、そして仮にまとまったとしていわゆるヤミ増産がなされないのか、といったところかと思います。個人的にはそもそも協議がまとまるとは考えていません。サウジとイランが合意といった状況を想像できないといったところです。さらにそれにロシアが絡んでくるわけで、まず無理と考えています。であるならば、現状の戻りの場面は絶好の売り場となる可能性が高いのではないかと思っています。

お互いがお互いの首を絞めているような状況です。問題は原油価格の下落に伴うエネルギー関連銘柄の下落といったところでしょう。これの影響がどの程度かで株価の流れも変わってきます。ただ、原油価格の上値は重くなると思っていますが、下値には限度があるでしょう。であるならば、そこまでの影響はないのではないかとみています。もちろん、30ドル台半ばくらいまでも下落してもおかしくないところであり、影響が皆無とは思っていません。しかし、現状の価格がそもそも安いので、その意味ではインパクトは小さいのではないか、といったところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |