プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は上昇しての動きとなっています。ダウは一時100ドル超の上昇となっていますが、引けにかけて上値の重い展開となっています。買われすぎ感が意識されており、利益確定の動きとなりました。ただ、プラス圏での動きは維持されて引けており、リスク志向の動きは維持されているといったところでしょう。原油価格の上昇も意識されています。エネルギー市場においては増産凍結が再度意識されている局面です。為替相場はドル高に加え円安基調となっています。ドル円の上昇とダウの堅調を背景に今日の東京市場は堅調地合いとなりそうです。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの中心線を目指しての動きとなっています。バンドの下限が横ばいへと変化してきており、バンド幅の縮小傾向が意識されてきています。徐々に大きな動きになりにくくなってきている局面ということができそうです。ただ、中心線を意識しての動きとなってきていることから、一時的には調整の動きが入ってもおかしくないでしょう。RCIで見ると、短期線は高値圏での動きです。これが横ばいでの動きとなっていくのか、天井打ちとなるかで流れが変わるでしょう。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には依然として上値の重い動きが意識されるでしょう。一方、ユーロドルはバンドの中心線を挟んでの動きとなっています。バンド幅は縮小傾向にあり、大きな動きにはなりにくいところです。RCIで見ると短期線は底打ちから上昇となっています。一方、中期線は天井打ちから下落基調となっています。一時的には上昇となりそうですが、中長期的には上値の重さが意識されそうで、戻り売り優勢の局面となりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |