プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株はまちまちでの引けとなっています。全体的に方向感の見えにくい展開となり、前日終値を意識しての動きとなりました。ダウは小幅に上昇しており、比較的リスク志向の動きが意識されやすい状況となっています。とはいえ、ここまでの上昇に対する利食いも散見されており、様子見ムードが強まりやすい状況ということも出来るでしょう。原油価格は上値の重い展開となっています。ここまでの上昇に対する調整が意識されていますが、積極的に売り込む流れにはなっていません。一方、金価格は大きく下落しての動きです。ドルの堅調地合いや、リスク志向の動きが意識されていることなどを背景に、大きく下落する流れとなっています。米国債利回りは上昇しています。為替相場も小動きとなっています。ただ、円はやや買われる動きとなっています。こうした動きを背景に、今日の東京市場は上値の重い展開となるのではないでしょうか。積極的に売り込む動きにはならないでしょうけど、利益確定の動きなどが意識されやすいのではないかとみています。週末ということもあり、ポジション調整の売りが意識されるのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足は戻り基調が意識されています。バンドの中心線までは上昇する可能性が高そうです。場のdの上下限中心線は依然としてじり安基調となっています。ただ、徐々に横ばいの動きとなっていくのではないかとみています。一時的には下落しても、大きな動きにはなりにくく、レンジ圏での動きになっていくのではないでしょうか。。RCIで見ると、短期線は上昇しての動きとなっています。まだ上値余地が残る局面です。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には依然として上値の重さが意識されやすいでしょう。ユーロドルは下落基調です。バンドの上限からの下落で、バンドの上下限中心線が横ばいとなっていることから、レンジ圏での動きが意識されやすいでしょう。バンドの中心線をブレイクしていることから下限まで下落する可能性も高そうです。RCIで見ると、短期線は下落基調で下値圏に入ってきています。一方、中期線は天井打ち気配ですが、まだ高値圏を維持しています。一時的には持ち直す可能性もありそうですが、徐々に上値は重くなっていくのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |