プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は大きく上昇しての引けとなっています。アジア株、欧州株の上昇などを背景に買い優勢の展開となりました。リスク志向の動きが意識される展開であり、市場全体に先行きに対する期待感が強まるでしょう。ベージュブックは大きなサプライズなどはなったものの、経済の先行きに対する期待感を若干高めています。そのほかの市場は原油価格が小幅に下落、金価格が大きく下落となっています。リスク志向が意識されて原油の下値を支えましたが、在庫統計で予想を超える積み増しがあったことが嫌気されています。また、ドルが大幅上昇となっており、売り圧力を強めました。また、為替相場はドルの大幅上昇がみられている一方、円は売られやすい地合いとなっています。こうした状況を背景に、今日の東京市場はしっかりとした動きとなるのではないでしょうか。リスク志向の動きが意識される中で、円安を背景に株価は底堅い動きとなりそうです。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの下限からの戻し基調を継続しています。バンドの中心線まで戻すことができるかどうかに注目が集まります。バンドの上下限中心線は下落基調であり、流れとしては下落トレンドです。一時的には戻す可能性が高いものの、上値は重いでしょう。RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となってきています。そろそろ下値圏から外れる動きとなりそうです。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重い展開となりそうです。目先は戻りを継続しそうですが、徐々に戻り売り圧力が強まるでしょう。ユーロドルは下落基調です。バンドの中心線を抜ける動きであり、先行きに対する警戒感が強まりそうです。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きであり、レンジ圏での動きが意識されそうです。RCIで見ると、短期線は下落基調です。そろそろ下値圏に入っていきそうです。一方、中期線は高値圏での動きです。ただ、天井打ち気配がみられていることから、中長期的には徐々に上値の重さが意識される可能性はありそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |