プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

円が急激に上昇しているわけですが、その要因として挙げられるのは当局が介入に消極的といった思惑でしょう。サミットを控えていることもあり、状況としては動きにくいことは事実です。しかし、実際問題として動かないかどうかは定かではない、といいますか、動く可能性も十分にあるのではないかといった見方をしています。

動いたところでこの流れを押しとどめられるかどうかは疑問の残るところではあります。しかし、ここまでの円高が介入はないという見方に基づいての動きであるのであれば、かりに介入ということになれば、思惑的にも反動が出やすい状況となってきていることは事実です。そして、最近の日銀はサプライズをもたらすことによってより円安へと誘導させることをよくやっており、今回もそういった動きになるのかどうかに注目ではあります。

意識しておいた方がいいこととしては、選挙が迫ってきているといった話があることでしょうか。急激な円高・株安が市場心理を冷やし、ひいては政権に対する批判が強まるという展開も考えられるだけに、現政権はなんとか株価を持ちこたえさせたいという思惑が働きやすいでしょう。こうした局面で日銀がどういった動きを見せるのか、注目ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |