プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ドル円が一時110円を割り込む動きとなっています。その後は急激な買い戻しに上昇していますが、こうなってくると、さらに下値を拡大する可能性が高いのではないかとみています。110円は心理的な節目となりやすい価格であり、それを突破したということは買い圧力が弱まることを意味します。下値支持帯が突破されたということで、目先は確かに持ち直していますが、再度割り込む可能性が高いのではないかとみています。

それにしても急激な円高が意識されています。確かに米株は軟調地合いで、リスク回避的な思惑が強まっています。ただ、そこまで警戒感が強まるような局面でもありません。VIX指数などを見ても比較的リスク志向の動きが意識されています。もちろん、まだ下値余地は残っていますが、積極的に売り込む動きが果たして正しいのかどうか、やや疑問も残るところではあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |