プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

イエレンFRB議長の発言を背景に株高となっています。「必要に応じ刺激策講じる余地はかなりある」などといえば、それは株価も上昇するでしょう。この辺りは以前にも書いたと思いますが、地区連銀は基本的にタカ派的といったところであり、FRB理事はどういったところか?といったことを書いたと思います。やはりイエレン議長はハト派的な発言をしました。

この辺りはバランスをとっているということもできるでしょう。FRBとしては、どちらか一方の方向感を出すことは危険な局面です。それは利上げであっても利下げであってもです。利上げをしておきたいという思惑はありそうですが、経済の状況は不透明感が強まっています。そうした中で、市場に予断を抱かせることの危険性を危惧しているのでしょう。「経済動向次第」という発言はまさしくその通りであり、現状では何も決まっていないということを市場にアピールしているわけです。

しかし、地区連銀総裁の多くはインフレを警戒しての利上げを志向しています。となると、バランスを取るべくイエレン議長が緩和をにおわせてバランスを取ったということになるのでしょう。この辺りは今までにも見られたことであり、地区連銀総裁の発言をもってFRBはタカ派的といった見方をするのはやはり短絡的ではないかと思うところではあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |