プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。少し遅くなってしまったので、テクニカルを見ていこうと思います。

ドル円の日足はバンドの下限からの戻りで、中心線をブレイクして上限を目指す動きとなっています。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいとなっており、レンジ圏での動きが意識されやすいでしょう。方向感は見えにくいものの、バンド幅は狭い状況となっていることから、動き出したら大きくなる可能性はありそうです。RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きとなっています。上昇の勢いが強かったので、そのまま天井打ちから下落といった動きになる可能性はありそうです。ただ、まだ短期的には買い優勢といったところです。一方、中期線はじり高基調。上値の重さが意識されており、方向感が見えにくくなっています。これが再度下落するのか、持ち直す動きを見せるのかで中長期的な流れが変わってくるでしょう。まだ上昇する可能性の方が高いのではないかとみています。ユーロドルはバンドの上限からの下落となっていましたが、中心線まで届かずに持ち直す動きとなっています。バンド幅は縮小傾向となっており、目先は大きな動きにはなりにくいでしょう。ただ、まだ流れは買い優勢の局面であり、バンドの上限までは上昇する可能性が高いのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での動きです。底打ち気配が見えますが、これが上昇となってくるかに注目でしょう。一方、中期線は上昇して 高値圏での動きとなっています。中長期的には底堅い動きが意識されやすいところであり、目先の戻りが継続する可能性が高いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |