プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

米雇用統計

早いもので、今週末にはもう米雇用統計が発表となります。個人的には米国の雇用に関してはそこまで心配していません。今回の予想は前回よりは悪化するとみられていますが、仮に予想通りであっても20万人は超えてくるわけで、そこまで問題というわけではないでしょう。20万人がとりあえずの分岐点といいますか、市場にとって許容レベルといったところではないでしょうか。20万人を下回るようなことになれば、リスク回避的な動きが意識されるのではないかとみています。

ただ、ここ最近は中央銀行の動向も注視されています。つまり、雇用が悪化している⇒金融引き締めに対する思惑後退⇒リスク回避の巻き戻し、という動きが出ないとも言い切れません。意外と悪い数字が出た場合はいったんは下げるものの、逆に押し戻されて元の水準を超えての動きといった展開があるかもしれません。逆もまた然りですが・・・

そう考えると、予想に近い数値が出るのが市場の動揺という点からするといいのかもしれません。ただ、どのような数値になっても金融政策との絡みを考えると、しばらくしてから逆張り的なポジションというのは戦略としては面白いかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |