プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

タカ派

米国の金融当局の発言がかなりタカ派といった話が出ています。確かに最近の発言を見るとタカ派的ではありますが、これに関しては誰が発言したかで変わることです。つまり、仮に10人のうち二人がタカ派であっても、その二人しか発言をしていないのであれば、表面上はタカ派に見えるわけで、現状でそこまでタカ派なのかどうかはまだはっきりとはしないところかと思います。そもそも、FOMCにおいてはFRB理事がハト派寄りで、各地区連銀総裁がタカ派寄りというのはよくあることです。最近の発言だけを見て早期利上げとみるのは間違いではないかと思っています。

そうした中でイエレンFRB議長がどういった見方をしているのかは注目でしょう。なんだかんだで議長の影響力は強く、その発言が市場を動かす可能性は高いでしょう。個人的には議長はそこまでタカ派ではないのではないかとみています。表面上は経済指標を見極めながらといった話になるかと思います。ただ、世界的に金融緩和の方向へと動く中での利上げはなかなか難しいものがあるのではないかとみています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |