プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず昨日の動きですが、米株は下落しての動き。引けにかけて売り圧力が強まりました。金融当局がタカ派的な発言が意識されています。ドルに対する買いも意識されています。ポンドが英国のEU離脱に関する報道で売り優勢の展開が継続しています。ユーロも金融政策に対する思惑から軟調地合いであり、反射的にドル買いとなっている面もありそうです。そうした中で原油価格は在庫統計での予想を超える積み増しが意識され、40ドルを割り込む動きとなっています。また、金価格も大幅に下落する動きです。こうした動きを受けて、今日の東京市場は軟調となりそうです。ただ、ドル円に関しては底堅い動きを見せており、株価の下値を支えそうです。全体的には依然として動きの見えにくい局面であり、様子見ムードが意識されるのではないかとみています。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの下限から中心線を目指しての動きとなっています。バンドの上下限中心線は横ばいであり、レンジ圏での動きが意識されやすいところでしょう。バンドの中心線で抑えられるかどうかが目先のポイントになりそうですが、上限まで上昇してもおかしくはないでしょう。RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇基調となっています。このまま上昇していく可能性が高く、短期的には買い優勢です。一方、中期線も底打ちからじり高基調となっています。まだ上昇の勢いが弱く、この流れが継続するかどうかに注目が集まります。ただ、中長期的にも底堅い動きとなっていく可能性はありそうです。ユーロドルはバンドの上限からの下落基調となっています。バンドの中心線を目指しての動きであり、調整の動きが意識されやすいでしょう。ただ、バンドの上下限中心線が上昇基調となっており、流れとしては底堅い動きが意識されやすいでしょう。RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落となっています。下落の勢いは強まっていますが、下値余地が十分に残っている状況です。一方、中期線は上昇基調で高値圏に入っています。これが天井打ちから下落といった動きになる可能性は目先は低く、中長期的には底堅い動きとなりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |