プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず昨日の動きですが、米株はまちまちでの引けとなりました。ダウは下落しています。大きな動きにはなっていませんが、上値の重さが意識されています。ただ、下値の堅さも意識されており、リスク回避的な動きが強まったとはいいがたいでしょう。手掛かり材料が少ない中で方向感の見えにくい状況となっています。商品市場は原油価格が小幅に下落しての引けとなっています。金価格は上昇しての引けです。ただ、これも引けにかけて調整の動きが入っています。全体的に様子見ムードが意識されての動きとなっています。その中で為替相場はポンドに対する売りが意識されています。消費者物価指数が市場予想を下回ったことを受けて、ポンドに対する売り圧力が強まっています。ドルは買われやすい地合いとなっています。円はやや買われる動きとなっています。リスク回避的な動きが円買いを意識される状況です。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの下限から押し戻す動きとなっています。バンドの中心線を目指す動きとなっています。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きとなっており、方向感の見えにくいレンジ圏での動きが展開されています。RCI短期線は底打ちから上昇となっています。中期線も持ち直す動きとなっています。買われやすい地合いが形成されており、バンドの中心線をブレイクする可能性も出てきています。一方、ユーロドルはバンドの上限からの調整の動きとなっています。バンドの上限は上昇しての動きとなっています。ただ、下限は横ばいでの動きで、やや方向感の見えにくい展開です。下限は上昇基調へと移っていく可能性が高いのではないかと思われます。バンドの上下限中心線が上昇基調となりそうで、トレンドとしては上向きということができそうです。調整の動きを入れながら、上値を追う動きとなるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |