プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

当然といえば当然ですが、各国地域の中銀の動きが相場に対する影響力を強めています。ここ最近ですとFOMC、ECB、BOEそしてもちろん日銀といったように、金融政策が発表されたのちに相場が大きく動くということが良くあります。

これは今回に限ったわけではありません。ただ、最近は中央銀行の動きが読みづらいといいますか、市場の予想が割れていることが多いのも事実かと思います。個人的にはFOMCに関しては早期利上げが織り込まれすぎているのではないかと思っていましたが、ECBの追加緩和などは予想外でした。日銀に関しては市場がさらなる緩和に対する期待が高まっていたことが逆に動かないという選択肢を選ばせたようにも思えます。どうもサプライズ好きに見える日銀です。もちろん、最大限の効果を狙ってのことでしょうけど、市場の対話がうまくできていないとみなされるのもまたどうなのかな、と思うところです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |