プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は上昇しての引けとなっています。欧州株が軟調地合いとなり警戒感が意識されましたが、米金融政策においてハト派的な思惑が意識されたことで、リスク志向の動きが強まりやすい状況となっています。底堅い動きが意識されており、東京市場の下値も支えそうです。ただ、ドル安が急激に進んでおり、日経平均は上値を抑えられそうです。昨日は小幅に下落となっており、その反動や調整が出るものと思われますが、全体的には方向感の見えにくい展開となるのではないかとみています。原油相場は大きく上昇し、40ドルを回復しています。産油国が生産調整に踏み切るのではないかといった思惑が買い圧力を強めています。また、金価格もドル安を背景に大幅高となっています。一方、為替相場はドル安が強まっています。これも金融政策に対する思惑からの動きということができるでしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの下限を意識しての動きとなっています。バンド幅の拡大基調も見られ、さらに下値を拡大する可能性もありそうです。バンドブレイクからバンドウォークとなってもおかしくない形です。バンドの上限の動きに注意しながらの対応となりそうです。RCIで見ると、短期線は下落基調となっています。下値圏に入っており、これが横ばいとなるのか底打ちから上昇となるのかで流れが変わってくるでしょう。中期線は下落基調となっており、下値余地も残しています。中長期的には上値の重さが意識される状況であり、一時的に持ち直しても戻り売り優勢といったところでしょう。ユーロドルは上昇基調となっています。バンドの上限をブレイクしての動きであり、バンド幅の拡大も見られています。バンドウォークとなる可能性を意識しながらの展開といえそうです。バンドの下限の下落基調が継続するかどうかに注目といったところでしょう。RCIで見ると、短期線は高値圏でのじり高となっています。短期的には依然として買われやすい地合いです。中期線は上昇基調となっています。中長期的には底堅い動きが意識されやすく、一時的に押し戻す動きがあっても下値は堅いでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |