プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず昨日の動きですが、ダウは上昇しての引けとなっています。FOMC前は上値の重さが意識されていましたが、FOMCで追加利上げ観測が後退したことが意識され、リスク志向の動きが強まっています。ダウは一時100ドル超の上昇となっています。引けにかけてやや調整の動きが入りましたが、しっかりとした動きがみられました。米国債利回りは大きく下落しており、ドルも軟調地合いとなっています。ドル円は113円を割り込んでの動きとなっており、今日の東京市場の株価の上値を抑えそうです。ただ、株価は上昇しており、全体的には方向感の見えにくい展開となるのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足は狭いレンジでの動きが意識されています。バンドの中心線を挟んでの動きで、方向感の見えにくい展開です。バンド幅は狭い状況であり、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。バンドの上下限での動きには注意が必要でしょう。RCIで見ると、短期線が下落基調となっています。目先は売られやすい地合いです。一方、中期線は上昇基調が腰折れ気味です。この方向感によっては売り圧力が一気に強まる可能性もあるので、注意が必要でしょう。一方、ユーロドルはバンドの上限を意識しての動きとなっています。バンド幅は拡大傾向であり、ここからバンドウォークとなる可能性を頭に入れておきたいところです。注意すべきはバンドの下限です。RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいとなっています。天井打ちとならない限りは買い優勢といったところでしょう。一方、中期線は底打ちから上昇となっています。短期線の動き次第ではありますが、中長期的には底堅い動きが意識されそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |