プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米国株式市場はダウが引けにかけて小幅に持ち直す動きとなっています。NASDAQなどはマイナス圏での引けとなっています。全体的にはFOMCを控えていることを背景に、方向感の見えにくい状況となっています。ただ、貴金属市場は大幅に下落しています。今回のFOMCでの利上げはなさそうですが、声明での早期利上げが示唆される可能性を意識しての動きとなっています。米国債利回りは小動きとなっており、FOMCに対する思惑は市場によって異なっており、とりあえず今日の東京市場は様子見ムードが強まるのではないかとみています。為替相場は円高となっており、上値は抑えられやすいでしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの中心線を意識しての動きとなっています。バンド幅は縮小傾向。市場にはエネルギーが蓄積されていることは事実ですが、目先は大きな動きになりにくい状況となっています。RCIで見ると、短期線は中立水準を挟んでの動きとなっています。目先は下落基調で、この流れが継続すると目先は上値の重さが意識されそうです。中期線は上昇基調となっています。中長期的には底堅い動きが意識されており、押し目買い優勢の展開となりそうです。ユーロドルはバンドの上限から下落する動きとなっています。中心線までは下落する可能性が高そうです。バンド幅は縮小傾向となっており、方向感は目先見えにくい状況となっています。RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落となっています。まだ高値圏での動きではありますが、売り圧力が徐々に意識されそうです。中期線は底打ちからの上昇となっています。中長期的には底堅い動きが意識されそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |