プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

日銀の動き

今日の金融政策決定会合で、日銀は金融政策の現状維持を決定しています。マイナス金利を拡大する可能性も一部では予想されていましたが、結論としては見送られています。とりあえずはマイナス金利の効果や副作用を見極めたいという思惑があったものと思われます。ただ、ドラギ総裁は追加緩和の打ち止めを意識させてユーロの買戻しを誘発しましたが、黒田総裁はそういった発言はしませんでした。逆に景気の先行きに関する下方修正を受けて近いうちに再度追加緩和を行うのではないか、といった思惑は強まっています。「今後必要な場合、さらに金利を引き下げる」といった文言こそ前回から削除されていますが、これをもって緩和打ち止めとみるのはあまりに短絡的でしょう。

最終的には経済の動向を見極めながらといった展開になるのは当然でしょう。個人的には米経済が堅調地合いを維持している中で、急激に日本経済が悪化するといった展開になるかどうかは疑問の残るところではあります。もちろん、消費税の問題などはあるかと思います。ただ、ある程度のところでは下げ止まるのではないかと思っていますし、その意味で追加緩和に対してはそこまで回数を重ねないのではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |