プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

ECBがマイナス金利を拡大していますね。日本のマイナス金利導入の際のいろいろな話を思い出すとまさしくブーメランだなぁ、と思うところではあります。とはいえ実際問題としてはマイナス金利に関してはそれなりに効果があるのではないかと思っています。日本がマイナス金利を導入したタイミングが悪かったことで株価が下がり、効果がないといったものもありましたが、個人的には日本株の下落に関してはマイナス金利云々でどうにかするには限界がある、と思っています。つまり、外部要因が大きいと思っています。マイナス金利を導入したところで、米株が1000ドル下げれば日本株に悪影響がないわけがなく、この辺りを見誤るべきではないと思っています。

それにしてもドラギECB総裁は通貨安競争をしているわけではないと発言しているようですが、どのような認識を持ってもいいですが、結果だけを見れば通貨安競争に参加しているとしか言いようがないわけです。通貨安競争をしていないといえば何をしても許されるわけではありません。そもそも自分で政策措置の一部は為替市場への波及あり得るなどと発言しているわけですからね。まぁ、通貨安競争に参加した!などとどや顔で言われても困りますが・・・

追加利下げに関しては現段階の見通しでは必要ないといった話をしています。これもどこまで信用していいのやらといったところでしょう。中銀には柔軟な対応が必要かと思っていますので、別に追加の利下げを行う局面があっても良いかと思います。というか、可能性はそれなりに高いと思っています。

それにしても今回のECBの動きを受けて、米国がどういった動きをするのかが気になりますね。この段階での利上げはドルに対する買い圧力を強めることになるでしょう。大統領選挙を控えてFRBが利上げに対して動くことができないのではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |