プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

3月4日のFX戦略

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は朝方は上値の重い展開となりましたが、引けにかけて持ち直し、プラス圏での引けとなりました。今日は米国で雇用統計が発表されることもあり、積極的な動きは控えられたのではないでしょうか。その他の市場も原油価格は小幅に下落といった状況で、方向感は見えにくい展開となりました。ただ、金価格はドルの下落を背景に大きく上昇しています。ユーロやポンドの戻りが意識され、ドルは上値の重い展開となりました。一方、ドル円は大きな動きにはなっていません。こうした流れを受け、今日の東京市場は堅調な動きとなるのではないでしょうか。ただ、大きな動きにはなりにくく、ポジション調整の動きに終始するのではないかとみています。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの中心線を意識しての動きとなっています。バンド幅の縮小傾向が強まっており、方向感の見えにくい状況ということができそうです。バンドの上下限での動きには注意が必要です。RCIでみると、短期線は上昇して高値圏での横ばいとなっています。これが横ばいを継続するか、天井打ちとなるかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は底打ちからの動きとなっています。上昇の流れができてきていますが、まだ下値圏での動きであり、上値の重さも意識されそうです。ユーロドルはバンドの下限で支えられての持ち直し基調となっています。バンドの上下限中心線は下落基調となっており、中長期的なトレンドとしては下向きということができそうです。RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。まだ下値圏ですが、上昇に勢いが出てきており短期的に買い優勢の流れになりそうです。一方、中期線は下落基調が維持され、そろそろ下値圏に入っていきそうです。一時的には戻り優勢ですが、上値は抑えられそうです。バンドの中心線が意識されるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |