プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

雇用統計

明けて今日になりますが、米国で雇用統計が発表となります。この結果次第では米国の金融政策の先行きに対する思惑も変わってくるでしょうから、やはり注目度は高そうです。市場全体の雰囲気に関しては先日もブログで述べましたが、早期の利上げは難しいというところではないでしょうか。個人的にもそう思っています。当局関係者はこれまでの見方に対して変更しない、つまり粛々と利上げを行っていくといった雰囲気を漂わせています。しかし、去年の利上げに関してもやるやる言っておきながら結局やったのは12月ということを考えると、すぐには利上げなどできないとみるのが自然ではないかと思っています。

ただ、年内全く利上げをしないですとか、逆に再度利下げに転じるという意見は極端ではないかと思います。上げ下げはあるものの、米経済は堅調であり、雇用も順調です。非農業部門雇用者数がマイナスに転じるなどという、とんでもないサプライズがあれば話は変わりますが、そういった環境にも現状はなさそうです。であるならば、FEDとしても急ぎはしないものの利上げ方向の見方を変える必要を感じないでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |