プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は下落しての引けとなりました。大きな動きになったわけではないのですが、上値の重い展開となっています。VIX指数は下落したものの、全体的にリスク回避的な動きが意識されており、先行きに対する警戒感が強まっています。この流れを受けて、今日の東京市場もリスク回避的な動きが意識されるのではないでしょうか。為替相場は円高地合いとなっており、売り圧力が強まりやすい状況ということができるでしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの下限からの戻りが一服して再度売り優勢の展開となっています。バンドの上下限中心線が下落基調となってきており、トレンドは下向きです。再度バンドの下限を目指す動きとなっていくのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線は上昇基調となっており、まだ上値余地は残っているのですが、中期線が下落して下値圏での動きとなっています。中長期的な流れの悪さが意識される状況となっています。一時的には底堅い動きを見せても、上値は重いでしょう。ユーロドルはバンドの上限から中心線を意識しての動きとなっています。バンド幅は縮小傾向に入っており、方向感は徐々に見えにくくなっていくでしょう。RCI短期線は下落して下値圏での動きです。下落の勢いが強かったことを考えると、すぐに底打ちといった動きになってもおかしくはないでしょう。一方、中期線は高値圏での動きです。中長期的には底堅い動きが意識されそうです。そう考えると、バンドの中心線で支えらえれて再度上限まで上昇といった動きになる可能性が高いのではないかとみています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |