プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は大きく上昇しての引けとなりました。リスク志向の動きが継続する動きで、特にここまで売られていた銀行株などに買いが集まりました。一方、原油価格は上値の重い展開となっています。サウジやロシアの間で原油生産に対する合意がなされましたが、その実効性に対する見通しの不透明感が意識されています。また、金価格は株価の上昇を背景に大きく売られる流れとなっています。全体的にはリスク回避的な動きの巻き戻しが意識される局面ということができるでしょう。こうした流れを受けて、今日の東京市場は底堅い動きとなるのではないでしょうか。ただ、円高が進行したことや利益確定の売りが意識されやすい状況となっていることもあり、上値を抑えられやすい局面ということができるのではないでしょうか。ただ、ドル円に関しては市場のドルに対する買い圧力が意識されやすくなっており、持ち直してくる可能性はありそうです。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足は上昇一服となっています。バンドの中心線に届いておらず、上値余地がありそうにも見えますが、—1σが重い状況となっています。中長期的な動きとしては上値を抑えられやすいところとなっているため、警戒感は強いところです。RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。まだ上値余地を十分に残しているだけに、短期的には買い優勢といった状況でしょう。一方、中期線はじり安基調となっており、下値圏に入っています。中長期的には上値の重さが意識されやすく、一時的に戻しても売り圧力は根強いでしょう。ユーロドルは調整の動きが継続しています。バンドの中心線を目指しての動きであり、中心線に到達する可能性は高いでしょう。ただ、バンドの上下限中心線は上昇基調となっており、トレンドとしては上向きです。RCIで見ても、短期線は下落基調で下値圏に入ってきていますが、中期線は高値圏での横ばいとなっており、中長期的には底堅い動きが意識されやすいところです。そう考えると、バンドの中心線では支えられて再度バンドの上限まで上昇といった動きになるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |