プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米国市場は休場となっています。欧州株は大きく上昇しての引けとなっています。東京市場の大幅上昇を好感しての動きです。ただ、今日の東京市場に関しては利食いなども意識されそうで、上値を抑えられる可能性はありそうです。問題はドル円の動きなどでしょうか。ドル円に関してはしっかりとした動きが継続しましたが、これも調整が入る可能性は否定できないところでしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足のボリンジャーバンドは下限から押し戻す動きとなっています。中心線を目指しての動きであり、上値余地はありそうです。ただ、バンドの上限が横ばいでの動きとなっており、ここから下落に転じる可能性が高く、バンドの上下限中心線が下落といった動きになりそうです。となると、バンドブレイクからバンドウォークといった大きな動きにはなりにくいもののトレンドとしては依然として下向きでしょう。RCIで見ると短期線は底打ちから上昇となっています。まだ上値余地を残しており、目先は買い優勢でしょう。中期線は下落基調となっており、そろそろ下値圏に入りそうです。中長期的には上値の重い展開が意識されており、一時的に戻しても戻り売りに抑えられるでしょう。ユーロドルはバンドの上限からの下落となっています。中期線を目指しての動きであり、目先は売り優勢でしょう。ただ、バンドの上下限中心線は上昇基調となっており、トレンドとしては上向きです。一時的に調整の動きが入っても支えられて再度上値を追うでしょう。RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落となっています。一方、中期線は高値圏での横ばいとなっています。短期的には売り圧力が意識されても、中長期的には底堅い動きが意識されやすい局面ということができるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |