プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

先日、トルコに関するページを作ったと申し上げましたが、そのページで、テクニカル分析をしています。今回はそのコピペですが、これからはそちらでのみ掲載しようかな、と思っています。http://f-concierge.com/column_c/

トルコリラ円を日足のテクニカルで分析してみましょう。使う手法はボリンジャーバンドとRCIです。

まず、ボリンジャーバンドで見てみると、バンドの下限を意識しての動きとなっています。バンド幅は拡大基調であり、ここからバンドウォークとなる可能性もあるでしょう。ただ、目先は底堅い動きを見せており、ここで支えられる可能性もありそうです。とはいえ、基調そのものは売り優勢の局面であり、一時的な戻りののちは再度上値の重さが意識されるのではないでしょうか。バンドの下限で支えられて中心線まで戻り、そこで再度抑えられる動きとなるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は下値圏での横ばいとなっています。これが底打ちから上昇となってこない限りは調整の動きも入りにくいでしょう。一方、中期線は天井打ちから下落となっています。高値圏から外れ、目先は中立水準まで下落しています。中長期的には売り優勢の局面ということができるでしょう。仮に短期線が下値圏での横ばいの動きを継続した場合はバンドウォークが意識されそうです。また、短期線が底打ちから上昇となっても、戻りは一時的であり、徐々に上値を抑えられるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

チャート、テクニカルを同時に載せられたがよろしいかと。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |