プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

様子見ムード

市場はFOMCを控えていることもあり、様子見ムードが強まってきています。大きく下落していたダウも下げ幅を縮小する動きとなっています。注目としては、今年の金融政策の方向性といったところでしょうか。年内に何度の利上げを予定しているのか、といったところに注目が集まるでしょう。これまでは4回といった話がありましたが、かなり難しくなってきています。そもそも今年は政治的にも動きのある年であり、FEDとしてもあまり無茶はできないところではあります。

年初からここまでの下落となっている以上、利上げのタイミングの後ずれや、回数の減少などは議論されているものと思われます。もちろん、雇用環境の改善や中国の動向などしっかりと検討しなければならない点は数多くありますが、ここまで株価が急落している局面での金融政策維持は危険が伴いそうです。状況次第では利下げもといった話もありますが、すぐにそういった動きにはなりにくいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |