プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウは小幅に下落しての引けとなっています。調整売りが意識されたうえに、米経済指標も予想を下回り、さらに原油価格が1ドル超の下落となったことから警戒感が強まりましたが、結局引けにかけて下値を削る展開となっています。年末ということもあり、さすがに積極的には動きにくく、閑散とした動きということができるでしょう。原油価格は大きく下落したものの、これもやや買われすぎといった思惑から利益確定の動きが意識されている状況です。そのほかの市場も基本的には調整が意識されており、様子見ムードといった状況となっています。為替相場もドルインデックスは大きな動きとなっていません。ドル円は上値の重さが意識されていますが、全体的には特段大きな動きとはいいがたいところでしょう。引けにかけて調整の入った銘柄も多くなっています。こうした動きを打受けて、今日の東京市場は様子見ムードといった展開となるのではないでしょうか。大きな動きは期待しにくく、仮に動きがあったとしても引けにかけて調整の動きが入るのではないかとみています。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はやや下げ渋りが意識されています。とはいえ、上値を追う動きになっているわけではなく横ばいでの動きです。流れとしては上値の重さが意識されている格好で、一時的な戻しがあっても再度押し込まれる可能性が高いように思われます。RCIで見ると、短期線は底打ち気配となっており、目先は買い優勢といった動きになりそうです。しかし、中期線は下値圏でのじり安基調であり、中長期的には上値を抑えられやすい状況と言えるでしょう。一方、ユーロドルも横ばいでの推移です。ただ、中期線で支えられての動きであり、先々は上値を追う可能性が高いのではないでしょうか。バンド幅は縮小傾向にあり、市場にはエネルギーが蓄積されてきているところです。とはいえ、すぐに発散といった動きになるかは不透明で、しばらくは方向感の見えにくい展開となるのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏に入っています。上昇の勢いが強かったので、すぐに天井打ちといった動きになってもおかしくはありません。中期線は高値圏での動きで、天井打ち気配はあるものの、下落の勢いはほとんど強まっていません。流れとしてはやはり底堅い動きが意識されやすい展開ということができるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |