プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウは大幅上昇となって引けています。急激なリスク回避的な動きからの持ち直しが意識されています。年末にも関わらずの動きであり、かなり強烈な動きということができそうです。ここからさらに上昇するのかどうかといったところですが、さすがにクリスマス休暇の前日の動きに期待するのは難しそうで、来週以降の話となるでしょう。ただ、今日に関しては東京市場は休場明けであり、かなり強い相場展開となるのではないでしょうか。原油価格の持ち直しなども意識されており、リスク志向の動きが強まることが予想される状況です。そうした中で為替相場はそれほど大きな動きにはなりませんでした。ドルは米国債利回りの上昇などを背景に堅調地合いとなったものの、引けにかけては上値の重さが意識されています。方向感の見えにくい状況となっているように思われます。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの下限までは下値余地があるのではないかとみています。バンドブレイクからバンドウォークとなるか、となるとバンドの上限が横ばいでの動きであり期待しにくいところですが、上値の重さは意識されるでしょう。RCIで見ると、短期線は下落基調で下値圏に入っています。一方、中期線は下値圏での動きを継続しています。短期線の動き次第のところもありますが、中長期的に見れば上値の重さが意識されやすく、売り優勢の局面と言えるでしょう。ユーロドルはバンドの中心線で支えられての持ち直しの動きだったのですが、上値の重さも意識されています。バンドの上限までは上値余地があるとみていますが、積極的には買い進みにくいでしょう。RCIで見ると、短期線は底打ち気配からの上昇です。中期線は高値圏での動きとなっています。天井打ち気配がないわけではないのですが、中長期的には依然として買い優勢といった状況にありそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |