プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

まだ米国市場が終わっていませんが、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、米国市場ですが上昇での引けが予想される状況です。ここ最近の下落に対する調整の買戻しが意識されています。FOMCを控えていることもあり、ポジション調整の動きが強まったということになりそうです。為替相場においてもドルに対する買い戻しがみられています。原油価格も持ち直しており、全体的にここまでの動きに対する修正が意識されての展開ということができるでしょう。こうした動きを背景に、今日の東京市場も買われやすい地合いとなるのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの下限からの持ち直しとなっています。バンド幅の拡大を伴いながらの下落でしたが、バンドの上限が下落に転じており、調整の動きが入りやすくなっています。このままバンドの中心線まで上昇する可能性もありそうです。ただ、バンドの上下限は下落基調であり、トレンドは下向きです。RCIで見ると急落していた短期線が底打ち気配となっています。これが上昇の勢いを強めた場合は一時的に買い戻しの動きが強まるでしょう。一方、中期線は下落基調を維持しており、そろそろ下値圏に入りそうです。中長期的には依然として上値の重さが意識されるでしょう。ユーロドルはバンドの上限での動きが一服しています。バンドの下限が上昇に転じており、調整の入りやすい格好となっています。ドル円とは逆のパターンであり、目先売り圧力が意識されるでしょう。ただ、底堅い動きからバンドの中心線では買いが入りやすいでしょう。RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落となっています。中期線は上昇して高値圏での動きであり、中長期的には押し目買いが意識されやすいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |