プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウが下落しての引けとなっています。在庫統計で一時上昇していた原油につれ高となりました。しかし、原油在庫の増加は特殊要因に過ぎないといった思惑が意識されて原油が下落に転じると、米株もマイナス圏に転落しての動きとなりました。リスク回避的な動きが強まる状況であり、先行きに警戒感が強まる状況ということができるでしょう。商品市場は上値を追った原油がマイナス圏での引けとなるなど、上値の重い展開となっていますが、貴金属市場は堅調での引けとなっています。全体的には全営業日終値近辺での引けとなりました。為替相場はドルが軟調。ドル円は円高が進行しています。こうした動きを受けて今日の東京市場は株価の下落が意識されるのではないでしょうか。日中の動きはそこまで大きくはならないのではないかとみています。

テクニカル的に見ると、ドル円はバンドの下限をブレイクしての動きとなっています。バンド幅の拡大傾向がみられており、ここからさらに下落する可能性が高まっています。やや行き過ぎの下落にも見えるところではあり、一時的にバンドの下限まで戻す可能性はありますが、売り圧力は維持されやすいでしょう。RCIで見ると、短期線が下落基調でそろそろ下値圏に入りそうです。まだ多少の下値余地を残しており、短期的には売り優勢でしょう。一方、中期線も下落基調となっており、中長期的にも売られやすい地合いとなっています。バンドウォークとなる可能性の高い局面といえそうです。ユーロドルはバンドの上限を意識しての動きとなっています。やや行き過ぎからの調整が入っていましたが、そこから持ち直して再度バンドの上限を意識しての動きとなっています。バンド幅は依然として拡大傾向を継続しており、ここから再度バンドウォークとなってもおかしくはないでしょう。バンドの下限の動きには注目です。RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏での動きです。これが横ばいとなるのか天井打ちとなるのかで流れが変わってくるでしょう。一方、中期線は上昇基調となっています。まだ上値余地を残しており、中長期的には底堅い動きが意識されそうです。短期線が天井打ちとなっても、調整の下落は一時的なものとなりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |