プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、先週末の動きですが、米国が感謝祭明けということで短縮取引となったこともあり、様子見ムードが意識されています。今年のブラックフライデーは静かな滑り出しといった報道も出ています。ブラックフライデー前からセールを行っているところも多く、分散されているといった見方が強いようです。また、オンラインショッピングも盛んで、客足も予想よりは少ないといった見方となっているようです。やや肩透かし気味のブラックフライデーではあるようですが、今週末の雇用統計に向けて積極的に売り込む動きとなるかとなると、そういった動きにはなりにくいでしょう。とりあえずは月曜日ということもあり、東京市場も様子見ムードが意識されるのではないかとみています。ただ、どちらかといえば上値の重さが意識されるのではないかとみています。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの中心線を意識しての動きです。バンド幅の縮小傾向が意識しされており、方向感は見えにくい状況となっています。市場にはエネルギーが蓄積されてきていますが、目先は大きな動きにはなりにくいでしょう。バンドの中心線で支えられて上昇といった動きになる可能性が高いのではないでしょうか。RCIでみると、短期線が底打ち気配となっています。まだ下値圏での動きですが、上昇基調が強まれば短期的には上値を追いそうです。一方、中期線は天井打ち気配からのじり安です。まだ高値圏を意識しての動きとなっていますが、徐々に上値の重さが意識される展開となるのではないでしょうか。一時的には上値を追うものの、バンドの上限では抑えられるのではないでしょうか。ユーロドルは下落基調が継続しています。バンドの下限には届いていないものの、じり安基調が継続する動きとなっています。バンド幅は縮小傾向に入っており、大きな動きにはなりにくいでしょう。方向感としては下向きながら、調整の買戻しでバンドの中心線までは上値余地がありそうです。RCIで見ると、短期線が下値圏での動きです。これが底打ちとなってこない限りは買い戻しの動きは強まらないでしょう。中期線も下値圏での動きであり、仮に短期線が持ち直しても上値の重さが意識されるでしょう。戻り売り優勢の局面であり、安易な押し目買いはうまくいかないのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |