プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず昨日の動きですが、昨日の米国市場は感謝祭で休場となっています。欧州株は金融緩和に対する期待感から大きく上昇しています。リスク志向の動きが意識されやすい状況ではありますが、今日の東京市場に関してはやはり様子見ムードが強まりやすいのではないかとみています。為替相場も大きな動きにはなっておらず、積極的には動きにくいでしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円は横ばいでの動きとなっています。バンドの中心線が意識されており、ここで支えられるかどうかに注目です。バンド幅は縮小傾向にあり、大きな動きにはなりにくいものの、再度バンドの上限を目指す可能性が高いように思われます。RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での動きです。これが底打ちから上昇となるかどうかで流れが変わってきそうです。中期線は天井打ちからのじり安となっています。まだ高値圏での動きであり、中長期的には依然として底堅い動きとなりやすいでしょう。そう考えると、バンドの中心線で支えられての動きとなりやすいのではないでしょうか。ただ、徐々に上値は重くなりそうです。ユーロドルはじり安基調が継続しています。バンドの下限が横ばいとなっており、バンド幅の縮小傾向が意識されてきています。一時的には推し戻してもおかしくはなさそうですが、まだ上値は重いでしょう。RCIで見ると、短期線は下値圏での動きとなっています。じり安基調であり、先行きに警戒感が強まります。中期線は下値圏での横ばいとなっています。これがすぐに底打ちから上昇といった動きにはなりにくく、中長期的には売り優勢でしょう。一時的に買い戻しの動きが入っても、上値は抑えられやすいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |