プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウが小幅に下落しての引けとなっています。調整の動きが意識され、上値の重い展開となりました。大きな動きになっているわけではないので、そこまで警戒感が強まる局面ではありません。週末に向けてのポジション調整といったところではないかとみています。米国の年内利上げ観測に関してはほぼ織り込まれているのではないかと思われます。そうした中で、次の方向感を探る動きが出てくるのではないでしょうか。状況としては経済指標の好調などを背景に、底堅い動きが意識されるのではないかとみていますが、原油価格の上値の重さには警戒を要するところではないでしょうか。こうした動きを受けて、今日の東京市場は上値の重さが意識されるのではないでしょうか。ドル円の下落が重しとなるのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円は調整の動きが意識されています。バンドの上限に届かずに下落といった動きとなっており、思った以上に上値の重さが意識されやすくなっています。バンドの上限は緩やかに上昇しており、これが横ばいとなっていった場合はレンジ圏での動きが意識されやすくなるでしょう。下限は上昇基調を維持しており、バンド幅は縮小に向かう可能性が高そうです。徐々に大きな動きにはなりにくい形となりそうです。RCIで見ると、短期線が下落しての動きとなっています。ただ、目先は横ばいでの動きも意識されており、この方向感がどうなるのかで流れが変わってきそうです。中期線は高値圏での推移です。天井打ち気配もありますが、まだ底堅い動きが意識されるでしょう。ユーロドルは推し戻す動きとなっています。バンドの下限まで届かずに押し戻しており、底堅い動きが意識されています。バンドの下限が横ばいでの動きとなっており、レンジ圏での動きが徐々に意識されていくのではないでしょうか。RCIで見ると、短期線が底打ちからじり高となっています。横ばいでの動きとなっていましたが、目先は持ち直しての動きです。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には上値の重さが意識されやすく、戻しても一時的な動きとなりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |