プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は小幅に下落しての引けとなっています。米GDPが市場予想を下回ったことが嫌気される一方、米新規失業保険申請件数が予想を上回ったことで相殺される格好となっています。米国の年内利上げ観測が意識されてのリスク回避的な動きもみられる状況ではありますが、目先は落ち着いた動きとなってきているように思われます。ただ、米国債利回りは大きく上昇しています。利上げに対する思惑は強まっており、株価にもさらなる調整が入ってもおかしくはないでしょう。商品市場は原油が小動きとなっています。方向感の見えにくい状況となっています。一方、金は大きく下落しています。米国の年内利上げ観測に伴うドルの先高観が意識されています。ただ、ドルインデックスは下落している点には注意が必要でしょう。こういった動きを受けて、今日の東京市場はやや上値の重い展開となるのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの中心線で支えられての動きで、底堅い動きを見せていますが、目先は上値の重さも意識されています。バンドの下限が横ばいとなっており、基本的にはレンジ圏での動きとなりやすい局面です。とはいえ、再度バンドの上限を試す可能性は高いとみています。RCIで見ると、短期線が天井打ち気配となっています。まだ高値圏での動きですが、下落基調が強まっています。一方、中期線は上昇基調が意識されています。中長期的には底堅い動きが意識されやすく、下落したとしても一時的で、押し目買いが優勢となるでしょう。ユーロドルはバンドの下限からの持ち直しとなっています。バンドの上限は上昇基調を維持していますが、勢いは弱まっています。このまま横ばいの動きへと変化していくかがポイントですが、横ばいの動きとなっていくのではないかとみています。調整の動きが意識されやすく、目先は買い優勢でしょう。ただ、RCIで見ると、短期線は下値圏での動きとなっており、中期線も下落基調です。短期線の持ち直しが仮に意識されても、中長期的には上値の重い動きとなるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |