プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

FOMC

FOMCが開催され、金融政策が発表されました。FF金利に関しては予想通り現状維持でしたが、12月の利上げに対する思惑が意識されています。個人的には年内利上げは十分にあり得るとみているのですが、市場はそういった見方をあまりしていません。それが嫌気されたのでしょう、株価はダウがマイナス圏に転じるなど、警戒感が強まっています。とはいえ、ある程度のところでは戻してくるのではないかとみています。そこまで積極的に売り込むといった状況にはないのではないでしょうか。

市場の楽観的なムードに関しては行き過ぎといった見方をしていたので、今回のFOMCでそれが多少でも修正されたのはある意味良かったのではないかと思っています。年内の利上げの可能性を見ておかないと、現状では危険ではないでしょうか。雇用情勢もぶれは多少あるものの、おおむね堅調です。利上げの環境は整っている中で、中国の問題などが出たことで多少の後ずれはあるかもしれませんが、それにも限度があるのではないかとみています。そう考えると、やはり年内の利上げがまずは第一に考えておきたいところではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |