プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが米株は上昇しての引けとなっています。昨日は日本市場が休場だった上に米国もコロンブス・デーで債券市場が休場となっており、全体的に方向感の見えにくい展開となりました。そうした中で米国の早期利上げ観測の後退が意識され、リスク志向の動きが維持されています。VIX指数も下落しており、市場には楽観的な思惑が強まっています。とは言え、大きな動きとはなっておらず、今日の東京市場も底堅い動きは意識されそうですが、大きな動きにはなりにくいのではないでしょうか。ドル円もここ最近は殆ど動きがなく、様子見ムードが意識されています。こうした中では積極的には動き難いでしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンド幅が縮小する中で中心線を意識しての動きとなっています。市場にはエネルギーが蓄積されていますが、大きな動きにはなりにくい状況が継続しています。RCIで見ると短期線が天井打ちから下落となっています。中期線も下落基調であり、下値を追いやすい格好です。バンド幅が狭いことでバンドの下限がすぐそこまで迫っている局面です。バンドブレイクからの動きには注意が必要で、特に下限での動きには警戒すべきでしょう。ユーロドルはバンドの上限を意識しての動きから調整が入っています。バンド幅は緩やかに拡大基調であり、再度上限を意識しての動きとなった場合は注意が必要でしょう。RCIで見ると短期線が上昇して高値圏での動きとなっています。天井打ち気配があるものの、しっかりとした動きが意識されています。一方中期線は中立水準を横ばいとなっています。やや珍しい形ではありますが、この方向感には注意が必要です。大きな流れでは上昇の途中にも見える所ではありますが、中期線が下落に転じると、一気に下値追いといった動きになる可能性もあるでしょう。とは言え、為替相場は全体的に動き難い状況であり、基本的にはレンジ圏での動きを意識しておいたほうが良さそうです。動き出してからの対応でも遅くはないかと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |