プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

年内の利上げ

先ほどNY連銀総裁のダドリー氏が年内利上げに関して前向きな発言をしています。この辺りの発言に関してはタカ派かハト派かと言った違いが色濃く出るのでそこまで重要視すべきかどうかといったところはあります。つまり、タカ派の理事が年内利上げとどれほど言ってもそれほど市場にはインパクトを与えません。現に、少し後に発言したエバンスシカゴ連銀総裁は利上げに関しては慎重な立場です。

このように、要人発言に一喜一憂しても仕方ないのですが、年内利上げ派が思った以上に積極的に発言をしているようにも思っています。市場は年内の利上げはほぼ無理といった雰囲気ができているようにも思いますが、こうした中でも利上げの可能性に言及しているわけであり、タカ派としてはやはり年内に一度利上げをしておきたい、そのための地ならしをしておきたいといったところなのかもしれません。何度も言っていますが、個人的には年内利上げの可能性は十分に残っており、市場は行き過ぎではないかといった見方をしています。ただ、本格化してきた米企業決算の動向次第では年内の利上げが難しくなる可能性は否定出来ないところでしょう。その意味で、慎重に見極めたいとは思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |