プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株は上昇しての引けとなっています。ダウは引けにかけて上げ幅を拡大し、100ドル超の上昇となっています。米国の早期利上げ観測の後退や、米企業決算を控えての期待感などが意識されているようです。企業決算に関しては警戒感もありますが、そこまで悪くないのではないかといった見方が根強い状況です。明日のアルコアから本格化してくるだけに注意しておきたい所です。その他の市場は原油価格が下落しています。在庫増が嫌気されての動きです。一方、金価格はプラス圏での引けとなっています。米国の早期利上げ観測の後退を背景に、金に対しては根強い買いが見られています。為替相場は全体的には動きが見えにくかったものの、米国債利回りの上昇などを受けてドル買いが展開されました。こうした流れを受けて今日の東京市場はリスク志向の動きが継続しそうです。調整の動きも見られそうですが、下値の堅さが意識されるのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足は狭いレンジでの動きとなっています。バンド幅も縮小傾向で方向感の見えにくい状況となっています。目先は下落基調であり、バンドの下限を目指しての動きとなっています。下限で支えられるかどうかに注目が集まるでしょう。RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏に入っています。上昇の勢いが強かったので、すぐに天井打ちといった動きになる可能性も高いでしょう。中期線は中立水準を挟んでの動きとなっています。中長期的には方向感の見えにくい状況ということが出来るでしょう。ユーロドルもバンドの中心線を挟んでの小動きとなっています。方向感の見えにくい状況であり、しばらくは様子見ムードといったところでしょう。RCIで見ると、短期線が中立水準を挟んでの動きとなっています。下値圏からの押し戻しであり、流れとしては上昇基調にも見える所です。一方、中期線も中立水準を挟んでの動きであり、方向感の見えにくいところです。しばらくはバンドの上下限で挟まれたレンジを動くのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |