プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、ダウは下落しての引けとなっています。ただ、一時の大幅下落から引けにかけて持ち直す動きとなっています。米雇用統計の発表を控えて様子見ムードが意識されやすい状況となっており、売り方の買い戻しが強まりました。NNASDAQなどは上昇に転じており、リスク回避的な動きが修正されました。こうした動きを背景に、今日の東京市場は底堅い動きが意識されやすいのではないかと見ています。とは言え、昨日の段階で大きく上昇しているだけに、積極的には上値を追いにくく、マイナス圏に転落する場面もあるでしょう。方向感は見えにくく、様子見ムードが強まりそうです。為替相場も方向感のつかみにくい状況となるのではないでしょうか。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンド幅の縮小傾向が継続する中でバンドの中心線を挟んでの動きとなっています。方向感の見えにくい状況が継続しています。市場にはエネルギーが蓄積されていますが、どちらに向かって発散するかは不透明です。バンドの上下限での動きには注意をしておきたいところです。RCIで見ると、短期線が下値圏での横ばいとなっています。これが横ばい基調を維持するのか、底打ちから上昇するのかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は下落基調から反転しています。まだ上昇がはっきりとはしてこないのですが、中長期的な基調が改善ということになれば、バンドの上限をブレイクといった動きになってもおかしくないでしょう。底堅い動きが意識されやすくなっており、徐々に買い圧力が強まっていくのではないかと見ています。ユーロドルはバンドの上下限中心線が横ばいでの動きとなる中でバンドの中心線を意識しての動きとなっています。方向感は見えにくく、様子見ムードが意識されています。目先はややバンドの中心線が重そう、といったところでしょうか。RCIで見ると、短期線が上昇基調が腰折れする動きとなっています。中期線の上昇も横ばいへと変化しており、警戒感が強まります。短期線の下落基調が強まれば、一気に下値追いといった動きになってもおかしくないでしょう。バンドの下限まで下落し、そこからさらにバンドブレイクからバンドウォークといった動きになることも想定しながらの展開となっています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |