プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

それでは、今日のFXの戦略を考えてみましょう。

まず、昨日の動きですが、米株はまちまちでの引けとなっています。ダウは上昇したのですが、上値の重さが意識されています。NASDAQはマイナス圏での引けとなりました。米経済の先行き不透明感と、それに伴う利上げ時期を巡る思惑が相場の上値をおさえています。週末に雇用統計を控えていることもあり、積極的には動きにくいといった判断なのかもしれません。こうした動きを受けて、その他の市場も動意に欠ける展開となっています。原油価格は上昇、金は下落しています。調整の動きが意識されやすい局面となっています。フォルクスワーゲンの問題が依然としてくすぶる欧州株は軟調地合いが継続しています。為替相場は小動きとなっています。今日の東京市場では動きにくいところなのかもしれません。ただ、昨日の下げが大きかったことを考えると、その修正の動きは見られるでしょう。

テクニカル的に見ると、ドル円の日足はバンドの中心線を挟んでの小動きとなっています。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きとなっており、レンジ圏での動きが意識されやすい格好となっています。狭いレンジで市場にはエネルギーが蓄積されており、バンドの上下限まで動いた時は注意が必要でしょう。ただ、目先は方向感が見えにくくなっています。RCIで見ると、短期線が下落基調で下値圏に入ってきています。短期的には売り圧力がかかりやすい所です。これが横ばいとなるのか、底打ちから上昇となるのかで流れが変わってきそうです。一方、中期線も下落基調となっています。中長期的には上値の重さが意識されやすいところです。短期線が仮に底打ちから上昇となっても、上値の重さが意識されやすい所です。ユーロドルは押し戻しての動きを継続しています。現状はバンドの中心線を意識しての動きとなっており、方向感が見えにくいところです。このままバンドの上限まで上昇することができるかどうかに注目が集まりそうです。バンドの上下限中心線は横ばいとなっており、レンジ圏での動きが意識されやすいことを考えると、バンドの上限までは上値余地があると見て良さそうです。RCIで見ると、短期線が上昇基調となっています。中期線も上昇しており、基調は良さそうです。短期線は上昇の勢いが強いため、意外と天井打ちは早いかもしれません。ただ、中長期的には上値の重さが意識されるでしょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |