プロフィール


RSSリンクの表示


QRコード

QR

利上げ後退?

今日の米国市場は利上げ後退に伴うリスク回避的な動きの修正といった説明がなされているようです。NY地区連銀の製造業景況指数が市場予想を大幅に下回ったことが警戒される状況となっています。局面は非常に厳しいところですが、米国の金融政策を睨んで株価上昇というパターンは今までもありました。こういった動きになる事自体は驚くことではありませんが、最終的な決着がどうなるのか、といったことを考えると先行きには懸念が残るところではあります。現段階で思惑にブレが生じるのはあまり良いことではありません。大きな動きが誘発される可能性を意識させざるを得ず、対処しにくい状況ということが出来るでしょう。

取り敢えず、今週に関してはこうした動きが意識されての展開でしょう。現段階で小幅の利上げに対する見方も意識されているように思われます。市場予想に関しては平均値をとっている事が多いので、予想が一概にそういったものであるとは言い難いところではあります。ただ、利上げ観測がかなり後退したということは意識しておいたほうが良さそうです。現状では利上げする、しないが拮抗しているところであり、こういった動きから考えると結論がどちらになっても市場は乱高下するといったところでしょう。個人的には結果を受けてすぐの動きにはついていかないほうが良いのではないかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |